シリコンバッグ

人工乳腺法

2014年8月14日


HN190_L人工の乳腺を挿入する施術で、
バストのボリュームを出すのに向いている
ポピュラーで人気の高い豊胸術。

「インプラント」や「豊胸バッグ」とも呼ばれています。

“半永久的”という点で費用以上の効果が期待できる

人工乳腺法の場合、ヒアルロン酸注入より
費用が高いために躊躇してしまう人も少なくありませんが、
“効果”という点では
1度の施術で半永久的に大きなバストをキープできます。

また、ヒアルロン酸を注入する量や定期的に注入することを考えれば、
かえって人工乳腺法のほうが安くすむこともあります。

こんな人には『人工乳腺法』がおススメ!

人工乳腺法は小さなバストを、
ボリュームのあるバストにしたい人にぴったりの豊胸術とも言え
以下のようなバストの悩みにおススメです。

・小さなバストを大きくしたい
・2カップ以上バストアップしたい
・出産や授乳でバストが垂れてしまった
・半永久的に大きなバストを維持したい
・ハリのある若々しいバストを取り戻したい
・左右の形が違うので揃えたい

形状記憶なので漏れる心配がなく
入替不要のコヒーシブルシリコンバッグ

人工乳腺として主流のシリコンバッグですが、
以前は耐久性が低く中身のシリコンが漏れてしまうことがあり、
入れ替えが必要とされていました。

また、生理食塩水の入ったバッグは、
安全性の心配はないものの、
中身の食塩水が少しずつ漏れ出しサイズダウン。

結局は入れ替えたという声もよく聞きます。

その点、「コヒーシブルシリコンバッグ」は形状を記憶しているため、
万一破れても中身が漏れる心配もなく入れ替えが不要です。

どんなに優れたバッグでも異物なのでアフターケアはしっかりと!

バッグには、表面がなめらかでマッサージが必要なスムースタイプと、
表面がザラザラでマッサージの必要がないテクスチャータイプがあります。

どんなに優れたバッグでも体にとっては異物。
生理的現象として術後にバッグの表面に被膜ができ、
バッグが固くなったり変形したりすることもありますので、
アフターケアとして超音波トリートメントなどの
マッサージを行ってくれるクリニックでの施術をおススメします。