ヒアルロン酸

SUB-Q(サブキュー・ヒアルロン酸)

2014年8月14日


HN126_L豊胸術で使うヒアルロン酸のひとつで、
もっともポピュラーなのが『SUB-Q(サブキュー)』です。

豊胸専用のヒアルロン酸としては最初に開発されたもので、
他のヒアルロン酸に比べ粒子が大きいのが特徴です。

粒子が大きいことでバストアップ効果が長続きする

SUB-Qは、これまでのヒアルロン酸に比べると粒子の大きさは数十倍。
粒子が小さなヒアルロン酸の場合、
“シンデレラバスト”と呼ばれるように
注入後1カ月くらいで吸収され、
元の大きさに戻ってしまうケースもよくあります。

ところが、粒子の大きいSUB-Qの場合、
効果は1年くらい持続し、
約2~3年かけて体内にゆっくりと吸収されていきます。

ですので、ボリュームが減ってきたら追加で注入すれば、
いつでも理想のバストをキープしておけます。

バストの高さを出しやすい反面、柔らかさという点ではやや劣る

粒子が大きいことによるもうひとつのメリットとして、
注入したヒアルロン酸が周囲に広がりにくいため、
バストの高さを出しやすいという点でも優れています。

ただし、粒子が大きいために柔らかさという点では、
粒子の細かなヒアルロン酸には劣ると言われ、
施術を受けた人の中には、
「ごわごわしたような感触で違和感がある」という声もあります。

こんな人には『SUB-Q』がおススメ!

SUB-Qは、気になる胸の悩みに合わせて自由に調整できるという点で、
以下のようなバストの悩みにおススメです。

・授乳後に胸の上部のボリュームが減って凹んでしまったのでふっくらとさせたい
・胸の大きさが左右違うので同じにしたい
・胸の谷間を作りたい
・胸の外側にもボリュームが欲しい

FDA(アメリカ食品医薬品局)の認可を受けたものなら安心!

サイズは2カップ弱までアップすることが可能で、
注入する量は片側で120~130㏄。

ダウンタイムもほとんどありません。
副作用については、
もともとヒアルロン酸は体内にある成分なので心配ありません。

ただし、安全性という点で選ぶなら、
FDAという米国政府機関が認可しているSUB-Qであれば安心できます。