最近は施術の方法もいろいろ出てきて、希望の方法で豊胸、バストアップをすることが可能になりました。
それぞれの好みや希望の大きさ、条件によって豊胸、バストアップの施術ができます。
豊胸の詳しい知識を得れば、きっと不安も少なくなるに違いありません。

ヒアルロン酸記事一覧

もともと人の体の中にあり、肌にもよいとされるヒアルロン酸を胸に注入する方法です。
施術時間も短く入院の必要がありません。
ヒアルロン酸は、分子の大きいSUB-Qというヒアルロン酸と、粒子が丸くソフトで感触が柔らかいマンマリーヒアルと呼ばれるものとの2種類があります。

シリコンバッグ記事一覧

バッグ挿入法、プロテーゼ法とも言われます。
生理食塩水バック、シリコンバック、バイオジェルなどを胸に挿入し豊胸する方法です。
手術は脇の下のシワに沿って切開して行いますが、傷跡は数ヶ月でほとんど目立たなくなります。

脂肪注入記事一覧

自分の太ももやお尻から吸引した脂肪を胸に注入する方法です。
人工乳腺(バック)を入れるのは抵抗がある人に向いており、いらない部位の脂肪をへらせるというメリットがあります。
吸引した脂肪の生着率をいかに高めるかがポイントです。