バストアップ

バストアップのタイミング!? 生理とバストの関係

2016年2月12日


周期のイメージ画像
生理前はバストが大きくなった気がする。そんな経験をしている女性は意外に多いのです。それでは、なぜそうなるのか、バストアップとどう関係しているのか解説していきます。

1.生理周期で考えるバストアップ
2.生理中のバストアップサプリはNG

生理になると胸が大きくなると感じる女性は多く、中にはブラジャーのサイズまで変わってくると、はっきり実感している人もいます。なぜこんなことが起きるかというと、生理前はエストロゲンが活発に働きます。これは、乳腺や乳管群を発達させるホルモンです。そして、生理の時期に分泌量が多くなるプロゲステロン(黄体ホルモン)が、今度は腺胞や腺小葉と呼ばれる器官を発達させます。この一連の流れで、生理中はバストが大きく感じます。ただし、これは一時的なもので、生理が終わったらもとのサイズに戻ることになります。

■チャンスはこの時期! 生理周期で考えるバストアップ

エストロゲンは生理前の分泌量が最も多いのですが、生理が終わってからも多く分泌されます。そのときにバストアップのマッサージを行えば、より効果的です。生理前を利用する方法もありますが、その時期はバストに痛みも出る人もいます。また、生理で一時的に大きくなったバストがまた小さくなったように感じて、モチベーションが下がってしまうことも。そのため、バストアップマッサージは、生理後が適しているのです。

■飲んではいけない、生理前のバストアップサプリ

バストアップサプリは、「プエラリアミリフィカ」や「プラセンタ」を含んでいるものがほとんどです。これは、エストロゲンと同じような働きをして、バストを発達させます。ただし、生理中はエストロゲンの分泌量は減っています。生理前にバストアップサプリを飲むことで体が生理と判断することができず、生理周期が乱れてしまうことになります。エストロゲンがあまりにも強く働いてしまうエストロゲン優勢の状態になると、PMSに陥ってしまう危険もあります。バストアップサプリは用法用量を守ることはもちろん、生理前には飲まないようにしてください。

生理を利用してバストアップをすることは可能です。ただし、バストアップ法がサプリだった場合は要注意。バストアップサプリは生理が終わってから。生理の前はマッサージだけにしておきましょう。