バストアップ

“育乳ブラ”って本当に効果があるの?!

2016年9月8日


下着姿の女性かつて、バストを「寄せて上げる」ブラジャーが、小さなサイズでも谷間ができるほどバストアップすると話題になり、大流行しました。それ以来、寄せて上げてバストアップするタイプのブラには多くの愛用者がいましたが、さらにその進化形ともいえる“育乳ブラ”なるものが登場。現在、バストアップに興味を持つ女性たちの熱い注目を集めています。

装着時に、ワイヤーやパッドの力によってバストを理想の形に近付けていた従来のブラでは、外してしまえば装着前の元のバストに戻ってしまいます。これまでは仕方がないことだと思われていましたが、今回ご紹介する“育乳ブラ”は、不自然な締め付けで血流妨げることなく、バストそのものを大きくしてリフトアップさせることが可能なのです。

このコラムで解説していること

  1. 背中や脇に流れてしまった脂肪をバストの脂肪として定着させる
  2. 大胸筋を刺激するエクササイズ効果
  3. 高いデザイン性で女子力もアップ

■背中や脇に流れてしまった脂肪をバストの脂肪として定着させてバストアップ

装着時に形を整えてバストアップしたように見せるのではなく、バストそのものを大きく育てるとはどういうことなのか、詳しく解説していきましょう。
サイズが小さめのブラを着けたとき、脇の辺りのお肉がプニッとはみ出ることはありませんか?また、ブラと背中との境目が脂肪で盛り上がっている人はいませんか?それらのお肉は本来、バストの脂肪だったのかもしれません。
サイズの合わないブラを長年無理に使用することで血流を滞らせたり、よくない姿勢を続けていれば、バストの形は徐々に崩れてしまいます。“育乳ブラ”は、背中側に流れた脂肪をバストの位置に戻し、しっかり固定することでバストアップしたままの状態を定着させていきます。結果、ブラを外してもボリューム感があり、リフトアップした美しい形がキープできるのです。血流が良いままなので、多くの女性が憧れる、ほんのりピンク色のイキイキとしたバストに近付くでしょう。

■着けているだけで大胸筋を刺激するエクササイズ効果も

ブラのホールド力によってバストの位置に移動させてきた脂肪を、バストアップした状態でしっかり留めておくのは至難の業。脂肪は柔らかく、流動的であることに変わりはありませんから、バストの土台となる大胸筋を強くしてサポートすることが有効になってきます。大胸筋が強化されれば、血流を促し小さなバストにボリュームを与えてバストアップさせるだけでなく、垂れ下がりがちな大きいバストも形を整える効果が期待できるのです。
でも、わざわざエクササイズをするのは正直面倒だと思ってしまう女性も多いでしょう。実は、育乳ブラの中でも、着けているだけで大胸筋を刺激しバストアップ効果のある“エクサブラ”というものがあります。
構造の詳細はメーカーの企業秘密だそうですが、フィットネス力学に基づいているメカニズムは実証済み。特許も取得していますから、高い信頼性があります。

■補正下着とは思えない、高いデザイン性で女子力もアップ!

補正効果の高い下着となるとガッチリとした構造で、血流が悪くなるほど締め付けるので、デザイン性の面では期待できないイメージがありますが、そんなことはありません。
丸みを帯びたフォルムに華やかなレース使い、豊富なカラーバリエーションなど、着ける人のテンションを上げてくれるような女子力の高いデザインばかり。小さなバスト用だと華やかさに欠けるデザインなのではとか、大きなバスト用ではシンプルなデザインになるのでは、といった心配は無用です。
お店でサイズやデザインについて相談し、プロの方にフィッティングしてもらえば、あなたにピッタリ合った、満足のいくブラにきっと出会えるはずです。
バストにコンプレックスを感じている方も、話題の“育乳ブラ”で嬉しいバストアップ効果を体感してみませんか。

“育乳ブラ”には、脇や背中の脂肪を移動させてバストアップさせる効果や、美しいかたちをキープするリフトアップ効果。大胸筋を刺激するエクサブラの効果や、バストアップだけではなく大きい胸の形を整える効果などの様々な機能とデザイン性の高さもあります。
育乳ブラで、バストそのものを大きく、リフトアップはじめてみませんか?