バストアップ

おなか・腕の肉でバストアップ

2014年8月1日


「えっ!お腹や二の腕の脂肪でバストアップができるの?」
誰でも驚いてしまいますが、
以前、日本テレビの『魔女たちの22時』でも放映され話題になった
バストアップ法でもあります。

実際にどのような方法で
おなかや二の腕の脂肪でバストアップできるのでしょうか?

バストの脂肪をやわらかくして
ゆっくりと移動させることでバストアップ!

おなかと二の腕の脂肪を移動させてバストアップさせるポイントは2つ。
・脂肪をやわらかくして移動しやすくする
・脂肪はゆっくりとやさしく移動させる

では、実際にその方法をご紹介しましょう!

1.左の手のひらで右手の二の腕を包み込み、
脂肪を溶かすようなイメージで丁寧に揉みほぐします。

2.左手のひらを使い、二の腕→腋の下→バストへと
揉みほぐした脂肪を移動させます。

3.同じ動作を10回繰り返したら、反対側の腕も同じように行います。

4.次に二の腕と同じように、
肩甲骨から腋の下にかけても丁寧に脂肪を揉みほぐし、
肩甲骨→腋の下→バストへと揉みほぐした脂肪を移動させます。

5.脇腹とお腹全体の脂肪を丁寧に揉みほぐし、
下腹→バスト、脇腹→バストへと揉みほぐした脂肪を移動させます。

脂肪を移動させやすくするには、
マッサージクリームなどを使うとすべりがよくなります。

脂肪をやわらかくするという点で、
入浴中や入浴後に行うとより効果的です。

二の腕の脂肪はつきにくく落ちやすい、
脇腹や腰回りはつきやすく落ちにくい。

女性は男性より脂肪がつきやすい体質ですが、
特に「お尻」と「腰回り」は
カラダの中でも脂肪がつきやすいパーツです。

それに比べ、
二の腕は本来ならカラダの中でも筋肉が多く
脂肪がつきにくいパーツでもあり、
同時に脂肪が落ちやすいパーツでもあります。

逆に、
脇腹・腰回りは脂肪がつきやすく、
脂肪が落ちにくいパーツです。

<脂肪がつきやすいパーツ>
 1.ヒップ  2.腰回り  3.お腹  4.バスト 5.太もも  6.肩・上腕部  7.ふくらはぎ

<脂肪が落ちやすいパーツ>
 1.ふくらはぎ  2.肩・上腕部  3.太もも  4.バスト  5.お腹  6.腰回り  7.ヒップ

脂肪が落ちにくい脇腹やお腹の脂肪も
バストへ移動させることができれば、
バストアップと同時にウエストの“くびれ”を作れるので
一石二鳥になります。