バストアップ

切らない、痛くない、短時間で済む。ヒアルロン酸豊胸術

2017年1月24日


女性胸元胸が小さいのがコンプレックスで、いつも猫背になってしまう。若々しいハリのある胸を、もう一度取り戻したい。出産後に、小さくなった胸をなんとかしたい。そんなふうに、自分のバストに自信がもてない女性は少なくありません。でも、なんとかしたいとは思っていても、どんな方法があるのかわからない。バストアップで高い効果を得る方法としては、やはり美容整形が有効です。とはいえ、中にはメスを使うのは怖い……と不安に感じる人もいるかもしれません。そんな人におすすめの方法が、ヒアルロン酸を使った豊胸術です。切開せず、短時間で済むため、美容整形が初心者の人でも、比較的トライしやすいものの1つです。

このコラムで解説していること

  1. 人の体になくてはならないヒアルロン酸
  2. 自然なサイズアップで、豊かにバストアップ
  3. 理想の形に近づけやすい。それもヒアルロン酸の魅力
  4. コンプレックスが解消されれば、笑顔は数倍増える

■人の体になくてはならないヒアルロン酸

豊胸といえば、シリコンによる施術を思い浮かべる人も多いと思います。しかし、手術で体内に異物を入れるのには、少し抵抗を感じることも。そこで、注目されているのがヒアルロン酸を用いた豊胸術です。
そもそもヒアルロン酸とは、人の体に沿わっている成分で、ムコ多糖類の一種です。体内のいたるところにあり、関節の動きを滑らかにする潤滑作用や、クッションの役割を果たしています。また、皮膚のみずみずしいハリを保つ働きもあり、人の体になくてはならない存在。医療界および美容界でも広く注目されています。
ヒアルロン酸の注入は、美容界ではポピュラーな施術法の1つですが、その品質はクリニックや医院によってさまざまです。体に直接注入するものなので、できるだけ質のよいものを選びたいもの。施術を受ける場合は、信頼のおけるクリニックを選ぶようにしましょう。

■自然なサイズアップで、豊かにバストアップ

クリニックによって異なりますが、施術の方法としては、ヒアルロン酸を胸に注射で注入します。10cc単位での注入が可能。メスを使って切開するわけではないので、痛みも少なく、施術時間は10分程度と短時間なのも、この施術法のメリットの1つです。
施術後はそのまま歩いて帰ることができ、ふだんと同じ生活ができるので、忙しくてなかなか長期の休みが取れない、という人もトライしやすいようです。
個人差はありますが、効果は3年ほど持続。大きさとしては、0.5~2カップ程度のサイズアップが目安とされています。ヒアルロン酸は、数回に分けて注入できるので、自然なサイズアップが可能になり、施術したことが周りの人にわかりにくい、というのも魅力の1つです。触った感触も自然です。

■理想の形に近づけやすい。それもヒアルロン酸の魅力

ヒアルロン酸注入のもう1つの魅力は、理想のバストを実現しやすいという点にあります。ヒアルロン酸を少量ずつ胸に注入するため、「こうなりたい」と思い描く理想の形に近づけやすいのです。
全体のバストアップを図りたい人や、胸が小さいことに悩んでいる場合は、ヒアルロン酸をバスト全体に注入します。谷間を強調して、ボリューム感を出したい場合は、バストの内側を重点的に注入することで、セクシーなラインを描くことができます。
左右のバランスを整えたい場合は、片方の乳房に合わせてもう一方を調整しながらヒアルロン酸を注入。均整のとれた女性らしいバストラインになります。
出産や授乳で胸のハリがなくなり、上部がくぼんで垂れ下がってしまった場合は、くぼんだ部分を中心にヒアルロン酸を注入。ハリと弾力がよみがえり、ボリューム感もアップします。
バストトップの位置を高くしたい場合は、乳房の下の方にヒアルロン酸を注入します。
ヒアルロン酸の注入に限ったことではありませんが、施術前には、医師と相談しながら、どういう悩みがあって、どんな形のバストにしたいかをしっかり伝えることが大切です。施術前にカウンセリングの時間をしっかり取ってくれる、これは良いクリニックを見分ける1つのポイントです。

■コンプレックスが解消されれば、笑顔は数倍増える

美容界で広く用いられているヒアルロン酸は、顔のシワをケアするプチ整形などにもよく使用されています。これと同じような感覚でバストアップできるのが、ヒアルロン酸豊胸術の魅力。バストに自信がないばかりに、ファッションがいまひとつ楽しめなかったり、恋愛に臆病になったり、というのであれば、一度専門家に相談して、手軽にトライしやすいヒアルロン酸を検討してみるのもアリかもしれません。コンプレックスが少し減っただけでも、笑顔は数倍増えるものです。胸に自信を得て、悩みから解放された新しい自分に、出会ってみませんか。