バストアップ

姿勢を正すだけの、簡単バストアップ術!

2015年10月30日



バストアップのためには、運動や食生活の改善など、いろいろな方法があります。
でも実は最も簡単なことは、「姿勢を正す」こと。

背筋を伸ばして胸を張ると、バストトップの位置が高くなり、簡単に美しいバストラインを作ることができます。
この状態をキープすることができれば、それはバストアップにつながります。
そして、姿勢がよくなるということは、体全体の血流をよくする効果も。
結果、新陳代謝が高まり、バストアップにもつながるのです。

逆に、姿勢が悪いと、バストトップの位置が低く見え、バストラインも美しく見えません。
胸を支える大胸筋などの筋肉も衰えやすくなり、バストダウンにもつながります。

■正しい姿勢の作り方

加齢によって新陳代謝が落ちることで、肌のターンオーバーが低下。
本来自然にはがれ落ちていくはずの、古い角質層が残ってしまって、表皮最下部のメラノサイトで生成されたメラニン色素が残ってしまって、黒ずんでいきます。

■2.刺激による黒ずみ

いざ意識して正しい姿勢を作ろうと思っても、なかなかできないもの。
それだけ、普段私たちの姿勢はあまり良いとはいえない状態になっています。
自分の姿勢がどれだけ悪いかを、まずはチェックしてみてください。

まず、壁にかかとをつけてみてください。
そのときに、頭、肩、お尻、ふくらはぎも一緒に壁につくようなら、常に非常に美しい姿勢を保っているということになります。
もし一カ所でも離れていたら、まずかかとをあわせて、その他の部位も壁につけるようにしてください。

■正しい姿勢での座り方

立っているときはきれいな姿勢をキープできていたとしても、イスに腰掛けてしまうと前のめりになってしまうことはよくあります。
とくにパソコンでの作業のときは、姿勢が悪くなりがちです。
そこでイスに座ったときに、姿勢を保つポイントを紹介します。

○イスには深めに座る
○腰は垂直を意識する
○太ももは床と平行にする
○足は床にきちんとつける
○対象物を見るときは、視線をほぼまっすぐに
○キーボードやデスクワークをする腕は、肘をしっかり曲げた状態で

これらのポイントを守って座ることを意識すれば、正しい姿勢をキープすることができます。

■正しい姿勢はバスト以外にもメリットが

背筋を伸ばしてみれば分かるのですが、結構つらいものがあります。
とくに普段から姿勢が悪い人には、一苦労。でもこれは、普段いかに筋力を使っていないかということです。
本来は、正しい姿勢でいることが当たり前なのですが、筋力を使っていないと、猫背になってしまいます。
そして、正しい姿勢を保つために筋肉を鍛えることは、ダイエットにもつながります。
つまり、姿勢がよくなれば、太りにくくもなるのです。

ただし、長期間姿勢が悪かった人は、なかなかすぐには改善しません。
骨盤からゆがんでしまっているということも考えられますから、いい姿勢を作るのが難しい人は、整骨院などに行くことも考えてみましょう。