大きすぎる胸

バストが大きい人のトップス選び

2014年8月14日


バストが大きいと着る服に悩むという声をよく聞きます。

肩幅に合わせるとバストの部分がつっぱったようになり
おヘソが出てしまったり、
胸に合わせるとサイズがぶかぶかだったり、
カラダにフィットしたTシャツやセーターなどは
胸が強調されて目立ってしまったりという悩みがあります。

そこで、大きなバストの方のトップス選びをご紹介します。

襟元は大きく開いたものを!
ショート丈のボレロなどはNG!

あるアンケートでは、
Dカップ以上のバストの大きな女性の6割が「バストを小さく見せたい」と
思っているという回答が明らかになりました。

小さく見えるトップス選びのポイントは以下のとおりです。

・襟元は大きく開いたもの、Vに開いたもののほうが、
胸元がスッキリ見えます。

・個性的なデザインの服の場合、
ベーシックなカラーのものを選び、小物使いで表情を出すこと。

・バストが大きく小柄な方なら、
首周りにスカーフやアクセサリーをすることで
視線が上に集まり、バランスよく見えます。

・ワンピースならウエストに切り替えのあるものか、
ベルトなどをしてウエストをマークすることで、
視線がバストではなくウエストに。

・上に羽織るものは丈が長めのものがベスト。
ショート丈のボレロなどは
大きなバストがより強調されてしまうのでNG!

・バスト付近に切り替えがあるものはより強調されるため、
襟元や肩先などにポイントをもっていくようにすること。

・ボーダー柄にするなら太いものを。
細いボーダーは縦でも横でもバストの大きさが強調されてしまいます。
リブニットも同じような効果が出てしまうので要注意。

・膨張色と言われる白や黄色、赤は避けること。
シンプルなデザインのものほど暖色系はNG!
トップスは黒やグレーなどのダークカラー、
ボトムに明るめの色や柄物を使うことで
トップスがほっそりと見える効果があります。

・袖のないタンクトップやキャミソールを着る場合は、
ストラップの幅が広いものを選ぶこと。

ふんわしたしたやわらかい素材のブラウスは
意外にもバストが目立ちにくい

また、タブーとしてカラダにぴったりの
ニットやシャツなどはもちろんのこと、
スーツのインナーとして着るようなシャツの場合、
バストに引っ張られてしまい
ボタン合わせの部分が開いてしまうため避けたほうが無難です。

どちらかと言えば、
やわらかな素材のふんわりしたブラウスのほうが、
女性らしい線が出て意外とバストも目立ちにくいので
一度チャレンジしてみるのもいいですね。