胸に悩む管理人ブログ

マテ茶以外にもバストアップ効果のあるお茶がある?

2017年3月21日


こんにちは!編集スタッフの京子です。

あれから、毎日ではないけれど、マテ茶を飲むようにしています。
全てはバストアップのため!

まだ美味しい!とまでは思えないけれど、少しはあの味も平気になってきました。
何事も慣れですね!

でも、どうやらマテ茶以外にもバストアップ効果があるお茶があるんだとか…?

だったら苦手なマテ茶よりもそっちの方がいいじゃん!と勢い込んで調べてみたところ…その飲み物とは、ルイボスティーとのことでした。まあ、まさか麦茶みたいに飲みやすいお茶だとは思ってもいませんでしたが、まさかルイボスティーとは。

はい、ワタクシ、ルイボスティーの味もあまり得意ではありません。
巨乳への道程は険しく遠い…と少し遠い目になりましたが、それでもルイボスティーならマテ茶よりは癖がないから、毎日続けるにはルイボスティーの方がいいかもしれないと思い直しました。

ただ、どちらの方がバストアップに効果があるか、味よりもそちらの方が重要ですよね。

ルイボスティーの何がバストアップにいいかというと、マテ茶と同じようにミネラルが豊富に含まれていることみたい。ルイボスティーに含まれているミネラルは、カルシウム、鉄、マグネシウム、亜鉛、銅、カリウムなどなど。亜鉛がバストアップに欠かせないミネラルだということは前回お話しましたが、ルイボスティーにも入ってるんですね!

では、マテ茶とルイボスティー、どちらの方が亜鉛が多く含まれているか気になったので、茶葉100g中の亜鉛含有量で比較してみたのですが、マテ茶が792mgに対して、ルイボスティーは僅か0.781mg…マテ茶に比べるとかなり少ないですね。茶葉100gでこの少なさですから、お茶として抽出される亜鉛の量はもっと少ないわけで。

成人女性が一日に必要とされる亜鉛の量は9mgと言われていますから、ルイボスティーを飲むだけでは、必要量の亜鉛を取るのは無理っぽい気が…。

亜鉛の量だけを比較するなら、ルイボスティーよりもマテ茶に軍配が上がりますが、ルイボスティーの効能はこれだけじゃないみたいです。
ルイボスティーは他にも、毛細血管を丈夫にしてくれるという効能があるんだそう。

毛細血管って加齢やら悪い生活習慣なんかで老化し、脆くなってしまうらしいんですが、それを防ぐには毛細血管内にあるTie2(タイツー)と呼ばれている成分が必要不可欠なんだとか。そのTie2が、ルイボスティーを飲むと活性化されるらしいです。

毛細血管が丈夫に、元気になると、アンチエイジング効果や美肌効果など、色々嬉しい効果が期待できるんですが、他にも冷え性が改善されるんだそう。

一見、無関係そうですが。

実は。

「冷え」と「バストアップ」って深~い関係があるんだって知ってました?

体が冷えると、自律神経の働きが乱れ、そのせいで女性ホルモンの分泌量が低下してしまうんですって!

他にも、冷えのせいで血行が悪くなって、そのせいでバストに必要なホルモンや栄養が届かなくなってしまったり…冷えとバストって密接な関係にあるんですね。だから、巨乳を目指すには、冷え性改善は不可欠というわけ。

結局、バストアップにはマテ茶とルイボスティーどちらかがいいか、
悩んでしまいますね…うーむ。

長くなってしまったのでこの辺で、次のブログに続けたいと思います。