胸に悩む管理人ブログ

脂肪注入術の実際②~カウンセリング・診察~

2016年8月19日


こんにちは!編集スタッフの京子です。

きっとみんなが興味津々!豊胸術の実際って?

前回は「脂肪注入術」のざっくりとした流れをご紹介しましたが、
今回はその第一ステップ、カウンセリング・診察の現場を詳しくレポートします。

といっても基本の内容は他の豊胸術と同じ。

脂肪注入術が他と異なるのは、どこから脂肪をとってくるか?
そしてどれくらいの脂肪がとれてバストに注入できるのか?
という見極めをすることにあります。

脂肪はたいていお腹や太ももからとるのですが、
痩せている人でぐんとバストアップしたい!という希望があった場合、
足りないこともあります。

そんな時は、脂肪注入術ではなく、プロテーゼ挿入にシフト!なんてことも。
大きくしたい希望とそれを充分に実現できる脂肪がとれる場合じゃないと、
脂肪注入術はできない!ということですね。

そして、めでたく脂肪注入術に決定!したら、手術の予約へ。
その場で決断がつかない場合は、
一旦保留にして、じっくり考えることだってできます。
(他のクリニックの先生にお話を聞くって場合もありますよね)

手術の予約をしたら、その次は?

続きは、次回に詳しくお届けします!