胸に悩む管理人ブログ

プロテーゼ挿入の実際⑦~アフターケア~

2016年6月28日


こんにちは!編集スタッフの京子です。

みんなが知りたい!豊胸術のプロテーゼ挿入。
その実際を流れでレポートしてきた、最終回です♪

手術が終わって、お家に帰ってほっこり。
さて、その後は?

術後1週間くらいまではできるだけ安静にして過ごし、再びクリニックへ。
抜糸をしてもらいに行きます。

そして、丁寧なクリニックでは超音波マッサージを行うことに。
これは、より柔らかで自然な感触に仕上げるために大切なことなのだそう。

だいたい、1週間おきに3~4回行います。
また人によっては、バストを柔らかくする内服薬が処方されることも。
同じ手術をしても、体質は人それぞれだから、念には念を入れるんですね。

このほか、乳がん定期検診のフォローとして
豊胸術を受けた人の検診に精通した医院が紹介されることもあります。

プロテーゼという異物が入っていても、見逃さない!
とっても大切なことだと京子は思いました。

アフターケアの充実度は、クリニックによってまちまち。
手術の技術がとても優れていたとしても、
術後のケアの良し悪しが、最終的な仕上がりに大きく影響するといわれています。
クリニック選びでは、このあたりもしっかりチェックしないといけないですね♪