胸に悩む管理人ブログ

プロテーゼ挿入の実際②~カウンセリング・診察~ 

2016年5月27日


こんにちは!編集スタッフの京子です。

きっとみんなが知りたい!豊胸術の実際。

前回は「プロテーゼ挿入」のざっくりとした流れをご紹介しましたが、
今回はカウンセリング・診察の現場を詳しくレポートします。

バストに対する悩みやどれくらい大きくしたいかの希望。

こうしたことを医師に伝え、実際の胸を診てもらうのはもちろんですが、
最初から「プロテーゼ挿入をするぞ!」と決めている人は少ないようです。

ヒアルロン酸注入や脂肪注入といった他の豊胸術ともじっくり比較して、
最終的にプロテーゼ挿入!となれば、次のステップに入っていきます。

そして、自分の体格とよく似た症例写真を見ながら、なりたい胸のイメージを固めていく。

ここまでくれば、より具体的に!

・100種類以上あるプロテーゼの中から、自分にピッタリなものを選択。
・体格や選んだプロテーゼの大きさなどから手術方法を決定。
・仕事や体調などの都合を考えて、手術を予約。

という流れです。

カウンセリング時に手術を受ける決断がつかないなら、予約は後でもOK!

また、手術の具体的な流れや術後のアフターケアなどについても、
医師から細かな説明があるので、安心してくださいね♪