胸に悩む管理人ブログ

プロテーゼ②~素材と構造~

2016年3月11日


こんにちは!編集スタッフの京子です。

前回の「プロテーゼ①~プロテーゼって何?~」に
引き続き豊胸用のプロテーゼについて調査してまいります!

プロテーゼ、いったい素材は何でできているのでしょうか?

豊胸用のプロテーゼ…バッグプロテーゼというほうがわかりやすいですね…は、
袋状のものに、それを膨らませる内容物が入っているという構造になっています。

袋状の部分は一般的にシリコン
合成樹脂の一種で、暮らしの中にもいろいろなシリコン製のものってありますよね。

内容物には、生理食塩水、液状シリコン、シリコンジェル、その他(ムコ多糖類など)といろいろな種類がありますが、最近の主流になっているのはシリコンジェル

やわらかさや弾力が、自然に近いというのがその理由です。

もちろん耐久性や安全性も考えられて、バッグプロテーゼは進化してきました。

ですが、事故などでバッグが破損すると内容物が漏れ出してしまう!
という問題も長年あったんです。

そこで開発されたのが、形状を記憶する
内容物「コヒーシブルシリコンバッグ」というもの。

バッグの構造も、何層にもなった丈夫なものとなってきました。

次回は、中身が漏れ出さないよう形状を記憶する
コヒーシブルシリコンバッグについて、
さらに詳しく調査していきます!