左右の乳房の大きさや形が、ぱっと見てはっきりわかるほど違っている。この悩みを抱える女性は、意外と多いと多いもの。普段はブラジャーのパットで調整できるからまだよいですが、胸元の開いた装いや水着になるのを躊躇してしまったり、温泉旅行などでは気になって楽しめないということもあります。そんな悩みを意外なほど気軽に、簡単に解決できる方法があります。

注射だけでバランスのよいバストへ
マンマリーヒアル®
豊胸のプチ整形、ヒアルロン酸注入の進化系ともいえるのが「マンマリーヒアル®」。乳腺内から乳腺化に下にマンマリーヒアルを注入することで、自然で美しい形にバストアップすることができます。
大きさや形に左右差がある場合は、大きな方、そのままの形でよい方の乳房に合わせて、もう一方にマンマリーヒアルを注入。左右均整のとれた美しいバストラインに仕上げていきます。

  • "胸の左右差を整える!
  • 片方にマンマリーヒアルを注入

[マンマリーヒアル®って何?]

・人体の皮膚や細胞にも存在するヒアルロン酸が主成分の液体。
・アレルギーなどの心配はなく、体への悪影響もなし。
・従来のプチ豊胸用SUB-QやマクロレインVRF30より粒子が丸くソフトで感触が柔らかく、ハイアコープより持続性が長い。
・バストアップ効果は目安として0.5~2カップ程度。
・施術時間は約10分。極細の針で注入するだけ。
・注入する位置と量によって、自由自在にバストデザインができる。
・10㏄単位での注入ができ、数回にわけて徐々に大きくしていくことも可能。
・効果は約3年間持続(個人差あり)。

[施術のSTEP]

STEP1 カウンセリング・診察
・乳房の左右差や全身とのバランスなどを確認し、希望を入念にうかがう。
・症例などを用いて変化の度合いを提示。
・注入する部位、量、本数などを検討・決定する。
・手術の流れやアフターケアなどの説明。

STEP2 施術前
・麻酔:麻酔クリームを塗った後に局所麻酔。
・デザイン確認:注入位置を医師と患者が最終確認。

STEP3 施術(約10分)
・希望デザインに合わせてマンマリーヒアル®を注入。

STEP4 施術後
・術後すぐに帰宅可能。普段と同様の生活が送れる。
・不安や気になることがある場合は丁寧にフォロー。

[その他施術データ]

麻酔 クリーム+局所麻酔
施術時間 10分
術後の通院回数 無し
痛み・腫れ 痛みはほとんどない
腫れはごくわずか
術後の生活 当日よりシャワー可能

■もっと知りたい!マンマリーヒアル®

あなたの疑問に答えます!

  • Q. 痛みに弱いので、注射の痛みに耐えられるか心配です。
  • A. ゼロとは言い切れませんが、極力痛みのないように配慮しています。
    注射は局所麻酔をしてから行いますので、ほとんど何も感じないくらいです。当院では極力痛みを軽減した快適な手術を目指し、局所麻酔の注射の痛みを軽減するために事前にクリーム麻酔も塗っています。また、術後すぐはごくわずかな腫れが出る可能性もありますが、ほとんどの方が数日で治まっていますので、ご安心ください。
  • Q. 費用はどうなりますか?入れる量や部分などで変わってきますよね?
  • A. 当院の場合は量のみが関係し、10㏄単位で料金が設定されています。
    左右差の度合いによって、バランスを整えるための注入量は決まってきます。カウンセリング時にその方のご希望に応えるには何㏄必要かを算出し、明確な料金をご提示することになります。
  • Q. 1度マンマリーヒアルを受けて左右差は整えましたが、全体的にもう少しバストアップしたくなりました。すぐに施術できますか?
  • A. いつでも追加可能ですが、カラダが安定してからがおススメです。
    特に間隔を開ける必要はなく、翌日に追加で再注入することもできます。但し、注入直後は局所麻酔による腫れやむくみ感が出て、実際の大きさが判断しにくいと思います。数日たってカラダが安定してから、再注入を検討されるのがよいでしょう。

他の施術とも比べてみよう!
マンマリーヒアル®と同じように、バストの左右差を解決できる施術と比べてみました。

マンマリーヒアル® 脂肪注入(マルチプルインジェクション法) 豊胸術(プロテーゼ挿入)
効果の持続期間 約3年 生着した脂肪は半永久的 半永久
麻酔方式 クリーム+局所麻酔 局所麻酔または全身麻酔 全身麻酔+局所麻酔
施術時間 10分 1~2時間 約2時間
術後の腫れ・痛み 痛みはほとんどない
腫れはごくわずか
1~2週間、軽い痛みと腫れ 1~2週間、強い筋肉痛のような痛みと腫れ
入院の必要性 なし なし なし
術後の通院回数 なし 1回 1~4回

■症例写真

左右で大きさが違うバストをヒアルロン酸豊胸で治した症例写真 左に20cc

ビフォー・アフター
Before After
Before After
Before After
高須幹弥医師からのコメント

20代女性の患者様で、全体的にバストが小さく、また、大きさに左右差があるのが悩みでした。
患者様の希望は、マンマリーヒアル(ヒアルロン酸豊胸)で全体的にバストを大きくして、左右差も治したいということでした。
左右のボリュームの差は30cc位であったため、まずは左に50cc、右に20ccくらいヒアルロン酸注射することをお勧めしましたが、ご予算の都合で、左に20ccのみ注射することになりました。
注射後は小さかった左のバストが大きくなり、だいぶ左右差が目立たなくなりました。
今後、左右のバストにヒアルロン酸を追加して更に大きくすると良いと思います。

高須クリニックで行ったマンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)の症例写真については、こちらよりご確認ください
高須クリニック:マンマリーヒアル®(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術) 症例一覧